エレキギターは多くのパーツが組み合わさっているのを知ってましたか? エレキギターにはどんなパーツがあるのか説明します。 ・ネック ・ピックアップ ・ボディ 最初に、ネックですが、これはギターを弾く際に、左手でつかむ(左利きは右手)部分です。 ネックはギターによって、太さや長さが違うのが特徴でしょう。 ネックの太さや長さには弾きやすさが関係していて、手の小さい人はネックが細い方が弾きやすく、手が大きい人は太い方が弾きやすいのです。 自分にとって弦が扱いやすい太さと長さのネックのギターを選ぶことが重要になります。 次に、ピックアップですが、これはエレキギター(ニコニコ動画などで演奏している動画を公開する人も増えています)のいわば心臓です。 詳しく説明するとしたら、弦の振動を電気信号に変えるパーツをいいます。 音を拾うと言う意味では、マイクに近いはずです。 拾われた振動は一度アンプに行って、大きくなってからスピーカーに運ばれ、曲を奏でると思っているのです。 最後に、ボディですが、これは弦を支える部分であり、ボディに使用される材質によって奏でられる音が違います。 一般的には、アッシュ材と呼ばれる材質が音がクリアーで透明感があると評判です。 エレキギター(ニコニコ動画などで演奏している動画を公開する人も増えています)を構成しているパーツは他にもたくさんありますが、この三つがより大切なのですー